【TOP】アクシアホーム > 住まいと暮らしのヒント > 【家の住み替えのタイミングはいつが最適?】おすすめ時期や注意点

【家の住み替えのタイミングはいつが最適?】おすすめ時期や注意点

≪ 前へ|【入間市】の魅力☆住んでいる人に聞いてみた   記事一覧   「相続登記義務化へ」~これから相続する方への注意点~|次へ ≫
カテゴリ:コラム

家の住み替えのは人生の中で大きな決断の為、慎重に進めていきたいですよね。
そこでこの記事では、お家の住み替えのタイミングについてご紹介します!

≪住み替えにおすすめのタイミング≫
住み替えのタイミングは、住み替え理由によって変わります。

●マンションに居住中の場合
マンションに居住中の場合は、住宅ローン減税が切れる時固定資産税の優遇が終了した時大規模修繕工事の直前直後などが住み替えにおすすめのタイミングとして挙げられます。
ただしタイミングを重視するあまり、購入した住宅の資産価値よりもローン残高が多い状態とならないように注意しましょう。

●住宅ローンの金利が低い状態
住宅ローンを契約して新しい家を購入する場合、できるだけ住宅ローンの金利が低いタイミングにローンを契約するのがおすすめです。
金利が低い=返済額が少なく済みますので、住宅ローンを使って住み替えを検討している方は、金利動向をチェックしておくこともポイントです。

●家の設備や周辺環境に不満を感じている場合
部屋の広さ、収納スペース、設備など不満を持つポイントは様々ですが、リフォームやリノベーションで解消できないケースもあります。
周辺に買物施設、病院、駅などが近くになく不便を感じているならば、住み替えのタイミングではないでしょうか。
特に通勤や通学は毎日行うものなので、ストレスを軽減したいと考える方も多くいらっしゃいます。

●建物の築年数が浅い場合
現在住んでいる家を売却する場合、新築から時間が経てば経つほど価値が下がり、売却益が低くなってしまいます。
売却益をもとに住み替えを希望するならば、家の資産価値を保てる築年数が浅い状態での住み替えがおすすめです。
ただし、子育て世代の場合はお子様の入学や進学などのタイミングもある為、そちらと合わせて検討する必要があります。


≪住み替えは「売り先行」と「買い先行」のどちらを選ぶ?≫
売り先行(売却後に新居を購入する)
買い先行(新居に引っ越した後、時間をかけて売る)
基本的にはこちらの2つの方法のうち、どちらかを選択します。
売り先行と買い先行はどちらもメリット・デメリットがあるため、内容をしっかり確認した上で自分に適した方を選ぶ必要があります。


≪家の住み替えにかかる費用≫
家の住み替えでは、家の売却購入の両方に費用がかかります。
不動産取引はかかる金額が大きく、必要になる諸経費もそれに伴い生じる可能性があります。
後々資金不足に陥ってしまうことを防ぐためにも、住み替えにどのくらいの費用がかかるのかを確認しておくことも重要です。


≪まとめ≫
家の住み替えはタイミングや、かかる費用などの把握が非常に重要です。
また、早いタイミングで不動産会社に自宅を査定してもらうというのもおすすめです。
自宅がいくらで売却できるのかを知ることで、住み替えの資金計画も立てやすくなるでしょう。
目的に合った良い住み替えに向けて、「売却」と「購入」どちらも後悔しないようにしっかりと検討していきましょう。
≪ 前へ|【入間市】の魅力☆住んでいる人に聞いてみた   記事一覧   「相続登記義務化へ」~これから相続する方への注意点~|次へ ≫

 おすすめ物件


ベルハイツ

ベルハイツの画像

価格
1,380万円
種別
中古マンション
住所
東京都東村山市栄町2丁目8-6
交通
久米川駅
徒歩1分

西東京市泉町4丁目・全1区画 建築条件なし土地

西東京市泉町4丁目・全1区画 建築条件なし土地の画像

価格
3,300万円
種別
売地
住所
東京都西東京市泉町4丁目
交通
ひばりヶ丘駅
徒歩20分

南台マンションA棟

南台マンションA棟の画像

価格
1,480万円
種別
中古マンション
住所
埼玉県川越市南台3丁目
交通
南大塚駅
徒歩2分

トップへ戻る

来店予約