【TOP】アクシアホーム > 住まいと暮らしのヒント > ローンが残っていても失敗しない住み替え方法は?

ローンが残っていても失敗しない住み替え方法は?

≪ 前へ|相続した不動産を売却する際のポイント   記事一覧   家を売るタイミングを見極める基準|次へ ≫
カテゴリ:コラム

ライフスタイルなどの変化によって住み替えを考える人は少なくありません。
この記事では、住み替えを考え始めた時に知っておいた方が良いことをご紹介します!

〈住み替えのポイント〉
住宅ローンが残っていても家は売却可能です。
「買換え特例」など控除特例が利用できる場合もあるので、こちらも活用して少しでも負担を減らしましょう。

〈住み替えで気を付ける事〉
●住宅ローン残債と査定額を早めに調べる
●信頼できる不動産会社に相談しながら進める
●売却と購入のスケジュールに余裕を持って進める

〈住み替えの方法〉
住み替えには大きく2つの方法があります。
●売り先行
住んでいる家の売却を先に行い、その後に新居を購入する方法
メリット…売却を先に行うので売却価格が想定でき、資金計画が立てやすい。売却に時間をかけることができる。
デメリット…引っ越しまでに新居が決まっていない場合、決まるまでの間仮住まいをする必要がある。

●買い先行
新居を購入した後、以前住んでいた家を売却する方法
メリット新居探しにじっくり時間をかけられる。仮住まいの手配が不要なので引っ越しが1回で済む
デメリット居住していた家にローンが残っている状態で売却のめどが立たない場合、住宅ローンを二重で支払う事になってしまう。新居の頭金を確保しておく必要がある。

〈住み替えにかかる費用〉
当然ですが、住み替えの際には売却時・購入時それぞれの費用がかかります。
↓↓こちらで詳しく記載しておりますので、是非ご覧ください。
売却時 不動産売却の流れとポイント
●購入 住宅はいくらで購入できるのか。購入や維持にかかる費用

〈住み替えに利用できるローン〉
●住み替えローン
現在の自宅を売却してもローンを完済できない場合に、その残債と新居の購入資金を合わせて借り入れる事ができるローンです。
メリットは、自己資金が不足していても住み替えができることです。しかし、その分借入金額が大きくなるので、ローンの返済額が高くなり金融機関による審査も厳しくなります。

●ダブルローン
2つのローンを同時に組む事をダブルローンといいます。
メリットは、住宅の売り買いのタイミングを気にせずに住み替えができる事です。売却の完了を待たずに見つけた家をすぐに購入する事が可能です。しかし、旧家が売却できない限り2つの住宅ローンの返済が続き、毎月のローン返済額が多額になってしまいます。


〈まとめ〉
家の住み替えは様々な手間や費用がかかります。スケジュール管理や資金計画も慎重に行いましょう。また、無理のないローンを組み、きちんと返していけるか確認しておく事が重要です。
不動産の事でお困りでしたら、ぜひアクシアホームまでご相談ください。
≪ 前へ|相続した不動産を売却する際のポイント   記事一覧   家を売るタイミングを見極める基準|次へ ≫

 おすすめ物件


ベルハイツ

ベルハイツの画像

価格
1,380万円
種別
中古マンション
住所
東京都東村山市栄町2丁目8-6
交通
久米川駅
徒歩1分

南台マンションA棟

南台マンションA棟の画像

価格
1,480万円
種別
中古マンション
住所
埼玉県川越市南台3丁目
交通
南大塚駅
徒歩2分

狭山市南入曽 中古一戸建 ~入曽駅徒歩8分~

狭山市南入曽 中古一戸建 ~入曽駅徒歩8分~の画像

価格
2,180万円
種別
中古一戸建
住所
埼玉県狭山市大字南入曽
交通
入曽駅
徒歩8分

トップへ戻る

来店予約