【TOP】アクシアホーム > 住まいと暮らしのヒント > 購入前の4つの確認ポイント

購入前の4つの確認ポイント

≪ 前へ|「持ち家vs賃貸」比較材料のまとめ   記事一覧   不動産売却の流れとポイント|次へ ≫
カテゴリ:コラム



マイホームを買ってから後悔しないために!
よりベストなマイホームを手にするため!
購入前の4つの確認ポイントについてご紹介していきます。



 ① 十分な情報収集から始める  
いざマイホームを購入した後に後悔してしまう場合に考えられるのが、購入するにあたっての知識やリサーチの不足です。

例えば、設備や間取りに過不足があるなどの物件自体のスペック、周辺の環境が合わないなど立地条件といった面も、あらかじめ十分に調べておけば、ミスマッチは最小限に抑えられます。何かと手間はかかりますが、できるだけ快適なマイホームを購入するためにも、事前の情報収集にはしっかりと時間を取るのがベストです。



 ② 適した物件の種類を選ぶ 
「マイホームを買う」といっても、購入方法にはさまざまな種類があります。まず戸建てにするのか、マンションにするのか検討する必要がありますし、新築にするのか中古にするのかについても考えなければなりません。さらに戸建てにするのであれば、注文住宅・建売住宅・中古住宅のうちから選択する必要があります。

当然ながらそれぞれにメリット・デメリットがあります。今後の資金計画や将来設計と照らし合わせながら、より適切な買い方を選ぶことから始めましょう。



 ③ 必要なコストは細かく把握する  
不動産を保有する際に必要なのは、住宅そのものの購入費用だけではありません。まず契約に際しては、手付金や工事の着手金、仲介手数料などが求められるケースがほとんどです。

さらに税金についても、購入に際しては不動産取得税・印紙税・登録免許税など、何種類もの納税が必要とされます。またマイホームを持つことで避けられないのが、固定資産税や維持・管理費用になります。

住宅ローンにばかり気を取られて、これらのような細かいコストを忘れていると、いざ住み始めてからの生活費にも影響がでてきます。マイホームを買うための資金計画を立てる時には、本当に必要な費用には何があるのか、洗い出しておくと良いでしょう。



 ④ 将来的に売却する可能性も考慮しておく 
人生には何が起きるか分かりません。予期しない事態となる可能性もないとはいえません。場合によっては、マイホームを手放さなければならないこともあるかもしれません。

ただ想定できない変化を防いだり、カバーする対策をとったりするのはなかなか難しいと思います。そのため「もしも」の時の備えとしてできるのは、いつかマイホームを売る見込みも考慮しておくことです。

例えば今後価値の下がりそうな地域は選ばない・需要の少なそうな奇抜な設計は避けるなど、将来的に買い手がつきそうな条件をもとに購入するのも1つの方法です。
購入した後の資産価値の高さにも気をつけながら、より理想的なマイホームを手に入れることをおすすめします。



まとめ
ここまで注意点について解説してきましたが、初めての住宅購入でこれらをすべて把握しておくのは難しいことだと思います。

また住宅を購入しようと思っている方の中には、
 ■「物件が多すぎてどれを選んだらいいのかわからない」
 ■「不動産の価値の妥当性は自分では判断しづらい」
 ■「仕事で忙しくて自分で情報収集する時間がない」
と思っている方も少なくないのではないでしょうか。

そういう時こそ!アクシアホームを使ってみてください!
アクシアホームでは「マイホーム探しの最初から最後まで」お客様に寄り添い、一つ一つ不安を解消しながら、責任を持ってお手伝いをさせて頂きます。






≪ 前へ|「持ち家vs賃貸」比較材料のまとめ   記事一覧   不動産売却の流れとポイント|次へ ≫

 おすすめ物件


渋谷区笹塚3丁目・全1区画 建築条件なし土地 ~駅徒歩9分~

渋谷区笹塚3丁目・全1区画 建築条件なし土地 ~駅徒歩9分~の画像

価格
1億9,000万円
種別
売地
住所
東京都渋谷区笹塚3丁目
交通
笹塚駅
徒歩9分

南台マンションA棟

南台マンションA棟の画像

価格
1,480万円
種別
中古マンション
住所
埼玉県川越市南台3丁目
交通
南大塚駅
徒歩2分

トップへ戻る

来店予約